横浜市鶴見区 基礎部外周の防水工事

本日は、鶴見区の戸建ての『基礎部外周の防水工事』を行いました。

この工事は、地面より基礎のほうが低いので、基礎部からの水の侵入を防ぐ為に行います。

とても重要な工事で、これを怠ると、1階の廊下などに水が溜まってしまいます。

横浜市鶴見区新築戸建1

写真は、配管も出ていますが、その周りの「止水処理」も必要です。

 

横浜市鶴見区新築戸建2

最後に、断熱材を貼りつけることにより、断熱効果もあり、住む人が心地よい、安全な空間作りを行っています。

横浜市鶴見区新築戸建3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップにもどる このページのトップにもどる
このページのトップにもどる