アパートやマンションにおける屋上やベランダ、バルコニーの防水ポイント

  集合住宅における防水ポイントは、自分の部屋だけでなく階下の方にも影響を与えることから、しっかり行う必要があります。万が一雨漏りなどが発生した場合、賃貸住宅の場合には大家さんに連絡をして相談することが大切です。ではアパートやマンションの屋上ベランダなどは、どのような防水ポイントがあるのでしょう。いざという時にしか意識しない防水ですが、水漏れなどのトラブルに陥る前には日頃の意識が大切です。

 まず共用部分となる屋上はどうすれば良いのでしょう。屋上の防水ポイントの確認作業は、工事前に専門スタッフと共に一級建築士一級施工管理技士の立ち合いによって行われます。年月の経過と共に劣化が進むのは当然で、特に強い直射日光を高い位置で浴びることから、想像以上に傷んでいる箇所があるかもしれません。ベランダやバルコニーも同じで、住民個人の敷地と勘違いされることが多いですが、実際には避難経路になっていることもある共用スペースです。どのような災害があるか分からないことを考えますと、年数の経過に合わせてきちんと防水工事を進めておくのが大切になります。

 多くの人が一つの建物内に居住する集合住宅の場合、防水工事をするためには住民同時の協力や理解を得る必要があります。防水工事を進めるために業者を選ぶ際には、戸建て住宅向けの業者よりも大きな建物の防水工事に精通した業者を選ぶのが大切です。是非今後の参考にしてみてはいかがでしょうか。

このページのトップにもどる このページのトップにもどる
このページのトップにもどる