メンテナンスは何年おき?防水工事の点検について

 立派でしっかり建設された住宅やビルでも、年数の経過と共に劣化が進みますので、当然ながら防水工事メンテナンスも必要になります。雨漏りなどのトラブルが起きて工事が必要になった段階まで待ちます…という方もいますが、定期的にメンテナンスをすることで劣化を遅らせながら丈夫で長持ちする建築物を維持することが可能です。今回はメンテナンスなどの点検作業を行う頻度について紹介します。

 防水工事のメンテナンス点検は10年に1回などという意見もあるようですが、建物の種類や立地条件、出入りする人の人数などによっては、10年ごとではなく5年に1回の方が、万が一修繕箇所があった場合にも短時間で直せる上に、工事費用が大きく膨らむ心配はありません。工法や材料の種類が多い防水工事は、条件によって症状の進み具合が異なります。同じ10年でも一方は簡単な補修で済みますが、もう一方は大掛かりな工事が必要になるというケースも多数あります。しかし10年も20年も防止工事をしないのは、どんなに好条件で立地された建築物でも、雨漏り浸水などのトラブルが起きてきます。急な事態でパニックになる前に、5年に1回や7年に1回など自分で区切りを見つけて、大切な不動産物件を守るメンテナンス点検を行うのがおすすめです。

 費用や手間を少しでも削りたい場合は、特別症状が出ていない段階から専門業者に詳しく点検してもらうと安心です。興味がある方は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

このページのトップにもどる このページのトップにもどる
このページのトップにもどる