知っていますか?豊富なシーリング材の種類

 シーリング工事をする為に必要不可欠なシーリング材は、豊富な種類があり、用途や目的に合わせて使い分けることができます。雨漏りひび割れから建築物を守るシーリング材について紹介します。

 外壁の目地や屋根板金など幅広く使える変成シリコン系は、耐久性に優れた製品です。塗装前でも塗装した後でも使用できる柔軟性があるのが特徴で、オールマイティな活躍が期待できます。ウレタン系と呼ばれるシーリング材は、コンクリートや木材、金属や配管などに使用できます。紫外線に弱いという弱点があり、住宅など建築物の補修には適していません。窓やドアなど室内のコーキング材として使用できる油性系は、表面が硬直しても内側が固まらないという性質があるのが特徴です。更に1成分型と2成分型の違いについて紹介します。1成分型はそのまま充填できるタイプのシーリング材で、基本的には一般の方向けの商品ですが、最近では業者も使用する傾向にあります。一方の2成分型とは、シーリングとそれを固める硬化材が別々になっているプロ使用のシーリング材を指します。施工や管理に非常に手間が掛かることから、一般の方が使用する場合2成分型は取扱いに注意が必要です。

 シーリング工事の仕上がりを左右するシーリング材は、専門業者へ工事を依頼することで適切な材料選びが実施されます。安心して任せられる業者を選ぶようにすることで、思い通りに防水工事が終了します。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

このページのトップにもどる このページのトップにもどる
このページのトップにもどる