防水工事をするために必要な資格は?

 世の中には様々な国家資格があり、その分野のスペシャリストとして困った人を助けるなど、活躍の場を広げています。防水工事をする場合には、防水施工技工士という国家資格がありますが、これは防水工事の際に必ず持っていなければいけない資格という訳ではありません。しかし、持っていることでその存在が大きな武器となって役立つことは多数あるはずです。今回は、国家資格である防水施工技工士について紹介します。

 防水施工技工士の国家資格は、ウレタン防水工事アスファルト防水工事などに分類されていて、階級も1級と2級に分けられています。また誰でも受験できるわけではなく、1級では7年以上の実務経験が必要で、2級では2年以上の実務経験がないと受験できません。試験内容は学科と実技の両方で、専門分野に対する知識と経験を兼ね備えた人物が合格に近づける試験となっています。国家資格である防水施工技工士は、取得することできる工事の幅が広がるだけでなく、より信頼性をアップさせて接客することが可能です。また企業側にとっても、多くの有資格者を採用している段階で安心して任せられる優秀な業者であると判断できます。資格が全てではありませんが、取得者であるか否かによって、防水工事に対する専門性や心構えまで分かるので参考にしましょう。

 自分の大切な自宅やオフィスの防止工事を任せる人物ですので、依頼する業者のスタッフが防水施工技工士の資格を持っているかどうかを、一度確認するだけでその人の経験なども分かります。

このページのトップにもどる このページのトップにもどる
このページのトップにもどる