防水工事をする時の近隣住民への対応方法

 足場を組んで行うことも防水工事は、近隣住民に対する配慮も求められる作業です。近年ではちょっとしたことがきっかけでご近所同士のトラブルになる時代です。防水工事をする際には、どのような対処が求められるのでしょう。

 工事内容や規模によっては、長期的に作業する必要がある防水工事ですが、それほど大きな騒音がするわけでもありません。しかし工事場所となる建築物の立地条件によっては、近隣住民に迷惑となるような作業が行われる可能性があります。このような場合は、住民が事前に周辺の方へ挨拶を済ませておくのも良いですが、重ねて作業をする業者側も挨拶やビラでの通知をして協力を得る形を取ります。依頼者に全てを任せて作業のみをするような業者はあまり好ましくない会社となりますので、次の依頼は考え直した方が良いでしょう。多くの方は文句を言ってくることも苦情を言われることもありませんが、こちら側からひと言挨拶をしておくだけでも印象は大きく変わります。周囲は留守が多い家だから気にしなくてもいいか…ではなく、念の為作業をして迷惑をかける可能性があることを知らせるのがおすすめです。

 普段の近所付き合いが希薄になっている場合でも、このような事前のお知らせは必要で、むしろ希薄になっているからこそ重要視されることなのかもしれません。初めて防水工事をする方は、やるべき項目の一つに近所への挨拶を加えておくことを推奨します。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

このページのトップにもどる このページのトップにもどる
このページのトップにもどる