集合住宅における窓まわりや階段、廊下の防水ポイント

 雨漏りから建物を守る防水工事は、集合住宅であっても戸建て住宅であっても重要なポイントであるのは確かです。雨漏りは屋根などからだけなく、階段や廊下、窓まわりからも起こりうるとされています。どのような住宅にも窓があり、集合住宅には階段や廊下と言った共用部分があります。防水工事にはどのようなポイントがあるのでしょう。

 から雨漏りをするというイメージはあまり想像できませんが、実際には多くの事例が報告されています。窓はシーリング材を使って防水されていることがほとんどで、シーリング材の劣化と共に雨漏りに繋がるケースが多いようです。わずか数センチの劣化でも雨漏りに繋がることから、もしもの事態に遭遇して慌てる前に定期的な点検などをおすすめします。では階段廊下はどうでしょう。多くの方が行き来することに加えて、年数が経過すると共にコンクリート部分なども劣化します。そのままにしておくのは、見た目にも好ましくありませんし、安全面などを損なうことがあります。

 実際に雨が降った時に雨漏りに気づくことがほとんどで、雨量によって症状がある場合とない場合があるなど、いざという状況にならないと気づかないことがあります。防水工事をする際には、しっかりと見積り算出をして工事を進める専門業者選びが大切です。戸建て住宅よりも集合住宅に長けた会社を選びますと、実績や経験が豊富ですので大規模な防水工事も安心して任せられます。是非、今後に活かしてみてはいかがでしょうか。

このページのトップにもどる このページのトップにもどる
このページのトップにもどる