集合住宅の外壁防水工事とは

 様々な種類がある集合住宅の外壁は、雨漏りを事前に予防するために定期的なメンテナンスや適切な外壁防水工事が求められます。大きな建物であることが多い集合住宅の外壁は、どのようなポイントがあるのでしょう。

 マンションアパートなど、きちんとしたメンテナンスや外壁防水工事を行っていることは、これから入居する方への安心につながるだけでなく、現在住んでいる方が快適に暮らせるなるためにも大切なことでしょう。足場を組んで大掛かりに行うケースが多く、工事期間中はベランダに洗濯物が干せないという規制や、在宅中でも窓やカーテンを開けられないなど、ある程度住民に協力を得ながら進める必要があります。既存のコーキング材を撤去する打ち替えの方法を取り入れる場合が多く、より安心で安全な外壁防水工事が行われます。マンションやアパートの場合、最上階に住んでいる方にしか関係がない話と思われますが、集合住宅の場合は、最上階でなくても雨漏りをすることがあります。この場合は外壁の防水加工が劣化している場合が多く、修繕作業をしなければなりません。外壁の工事は長い期間を要するイメージですが、建物の規模によって変わるものの工事期間は1か月から2か月程度です。

 マンションやアパートなどの集合住宅の外壁工事は、多くの人が一つの建物内に住む特殊な環境であるからこそ、住民の意見を尊重して協力を得る必要があります。併せて業者選びにも気を配って、外壁防水工事を行うのがおすすめです。

このページのトップにもどる このページのトップにもどる
このページのトップにもどる