防水工事について

防水工事

防水は普段あまり目にすることはありませんが、雨を防ぎ、人や財産を守るとても重要な役割を果たしています。 理想は最低でも10年に一度メンテナンスすれば、防水層・美観共に維持されます。

防水工事の概要・種類
アスファルト防水の構造イラスト
屋上やベランダなどの平らな屋根の防水方法を「メンブレン防水工事」と呼びます。 リフォーム用メンブレン防水の代表的な工事が「ウレタン防水」「FRP防水」「シート防水」となります。 もうひとつの防水が「シーリング防水工事」です。シーリングは主に外壁や窓枠などの材料と材料の隙間を目地状に埋める工事です。 この二つの防水工事により建物は水から守られます。どちらも定期的なメンテナンスが必要です。
防水工事の知識
ウレタン防水の構造イラスト
普段目にすることのない場所だけに、雨漏りや天井に付いたシミを見て、 屋上防水の劣化に気づくということも少なくありません。雨水が室内に入ると、柱の腐食や悪臭の原因になるなど、 さまざまなトラブルを引き起こしますので、定期的なチェックとメンテナンスが必要です。
防水改修工事の時期
こんな症状が出てきたら防水改修工事をご検討ください。
  • 防水面にひび割れ
  • 防水面に砂や泥が溜まっている
  • 排水口周辺の劣化やゴミ詰まり
  • 防水面を指でこすると白く色がつく

防水工事の種類

アスファルト防水
アスファルト防水の構造イラスト
アスファルト防水は、水平な屋根に施されるもので、アスファルトを合成繊維に含ませた、 ルーフィングというシートを何枚か重ねて、防水層を形成する工法です。 アスファルト防水層の上に保護コンクリートを敷くのが一般的です。
FRP防水
FRP防水の構造イラスト
FRP防水は、ガラス繊維にポリエステル樹脂を含ませて強化した防水膜(FRP:繊維強化プラスチックス) を使用しているため、防水工事の中でも軽量で非常に優れた耐久性を持っています。硬い材質でキズが付きにくく、 キズが生じてもその箇所のみを補修することができます。
ウレタン防水
ウレタン防水の構造イラスト
ウレタン防水は下地の形状に馴染み易く、水密性の高い連続皮膜が得られる為、 屋上をはじめとした各種部位への防水に適しています。比較的、安価というメリットがありますが、 塗膜の耐久性が低いため、定期的にトップコートの塗り替えをすることにより紫外線劣化にも長期間耐久性を保ちます。
シート防水
シート防水の構造イラスト
塩ビシートなどを重ね合わせてつないでいく防水工法です。伸縮性のあるシートを使うため、 建物の構造を選ばず施工ができ、軽量で、安価です。約12~15年という比較的長い耐久年数を持っていますが、 シート自体が薄いため衝撃に弱いなど、接合部分の接着剤の耐用年数を考慮しなくてはいけません。

トップコート

防水層の保護塗料として活躍します!

様々なメンブレン防水の保護層として、最後に塗られる塗料です。主にグレーとグリーンの二色のトップコートがあり、 防水工事の最後に施される場合がほとんどです。また、傷みが少ないベランダなどは、ウレタンやFRP防水などをやりかえなくても、 トップコートをかけるだけで十分な場合があります。標準色はグレーになり、他、何色にもできますが、特注色になる為、金額が多少アップします。

  • 材料費
  • 工事費
  • 廃材処分
すべて込み
10㎡未満 ¥50,000 (1日作業)
+
10㎡以上 ¥2,800/㎡

トップコート施工の流れ

  • 1既存トップコートが劣化しています。
  • 2洗浄後、プライマー・トップコートを施しました。
下地が著しく劣化している場合、別途下地調整が必要な場合があります。
ベランダに室外機などがある場合は移設費がかかる場合があります。
価格は当社における標準価格です。正確な金額は現地調査に基づく見積で決まります。
見積は無料となっておりますのでお気軽にお申込み下さい。 ※写真は参考です。実際の工事は写真と異なる場合があります。

ウレタン防水

リフォームでは一番多い防水方法です。

ウレタン防水の特徴は、比較的安価であることと、施工性の良さが挙げられます。 また定期的にトップコートの塗り替えをする事で長期間の耐久性を持続させる事ができます。

  • 材料費
  • 工事費
  • 廃材処分
すべて込み
10㎡未満 ¥70,000 (2日作業)
+
10㎡以上 ¥4,000/㎡

ウレタン防水施工の流れ

  • 1既存トップコートが劣化しています。
  • 2洗浄後、プライマー・トップコートを施しました。
  • 3洗浄後、プライマー・トップコートを施しました。
下地が著しく劣化している場合、別途下地調整が必要な場合があります。
現地での別途見積もりが必要です。
ベランダに室外機などがある場合は移設費がかかる場合があります。
価格はトップコートを含んでいます。
価格は当社における標準価格です。正確な金額は現地調査に基づく見積で決まります。
見積は無料となっておりますのでお気軽にお申込み下さい。 ※写真は参考です。実際の工事は写真と異なる場合があります。

FRP防水

ガラス繊維系の耐久性の高い防水です。新地戸建バルコニーでは8割がこの工法で施工されています。

FRP防水とはガラス繊維強化プラスチックの防水材です。強化プラスチックは繊維と合成樹脂を一緒にして強度を強くした合成樹脂です。 非常に強い表面強度を持ち、耐久性に優れています。お風呂の浴槽、船、ボート、サーフボードなどにも使われます。 部分補修が可能なので、アフタ―ケアも 対応しやすい工法です。

  • 材料費
  • 工事費
  • 廃材処分
すべて込み
10㎡未満 ¥70,000 (1日作業)

FRP防水施工の流れ

  • 1既存トップコートが劣化しています。
  • 2洗浄後、プライマー・トップコートを施しました。
  • 3洗浄後、プライマー・トップコートを施しました。
下地が著しく劣化している場合、別途下地調整が必要な場合があります。
ベランダに室外機などがある場合は移設費がかかる場合があります。
価格は当社における標準価格です。正確な金額は現地調査に基づく見積で決まります。
見積は無料となっておりますのでお気軽にお申込み下さい。 ※写真は参考です。実際の工事は写真と異なる場合があります。

シート防水

様々なシート防水の仕様に対応できます。

シート防水は、厚さ1.2mm~2.5mm程度のシート状に工事した合成ゴムやプラスチックを用いた防水シートで、 建物の屋上を覆う防水です。代表的なシート防水には、ゴムシートを用いた防水と塩化ビニル(PVC)シートを用いた防水があります。 どちらにでも対応できますが、現状の防水仕様によって価格は変わってきます。

シート防水の施工前・施工後

  • 1既存トップコートが劣化しています。
  • 2洗浄後、プライマー・トップコートを施しました。
下地が著しく劣化している場合、別途下地調整が必要な場合があります。
ベランダに室外機などがある場合は移設費がかかる場合があります。
価格は当社における標準価格です。正確な金額は現地調査に基づく見積で決まります。
見積は無料となっておりますのでお気軽にお申込み下さい。 ※写真は参考です。実際の工事は写真と異なる場合があります。

シーリング防水

外壁の目地やサッシの目地を打ち替える工事です。

住宅のサッシまわりや外壁のの目地などには、必ずと言っていい程シーリング材が施工されています。 触ってみて手に色がついたり、目視してヒビがあるようであれば既存シーリングを撤去して打ち替えることが必要になります。

  • 材料費
  • 工事費
  • 廃材処分
すべて込み
100m未満一式 ¥80,000
200m未満 ¥700/m
200m以上 ¥650/m

シーリング防水の流れ

  • 1既存トップコートが劣化しています。
  • 2洗浄後、プライマー・トップコートを施しました。
  • 3洗浄後、プライマー・トップコートを施しました。
下地が著しく劣化している場合、別途下地調整が必要な場合があります。
価格に足場代は含まれません。足場代は別途見積となります。
この工事の価格は塗装工事をお申込み頂くお客様のみの価格となっております。
価格は当社における標準価格です。正確な金額は現地調査に基づく見積で決まります。
見積は無料となっておりますのでお気軽にお申込み下さい。 ※写真は参考です。実際の工事は写真と異なる場合があります。

防水工事に関することなら弊社にお任せください!

見積もり無料

お気軽にお問い合わせください!

社長 電話番号:042-505-7497
メールでのお問い合わせはこちら
このページのトップにもどる このページのトップにもどる
このページのトップにもどる